トヨタとホンダの経営競争。一方海外のメーカーは・・・

自動車メーカが生き残れるかどうかはハイブリッドにかかっている

トヨタかホンダか。雌雄を決するハイブリッド車販売競争。そこに割り込む三菱自動車の電気自動車。一方、海の向こうの米国では、経営危機に直面しているビッグスリーが、起死回生の一手としてプラグイン・ハイブリッド車や電気自動車を開発しています。果たして彼らは生き残れるのでしょうか。世界の自動車メーカーが、次世代車の開発に向けて大きく舵を切り始めました。次世代車の開発は、自動車の存続にとって絶対命令です。これに失敗すれば、私たちは自動車を手放さなければなりませんし、失敗した自動車メーカーは生き残れないでしょう。

どんな自動車が次世代車として生き残れるのか。どの自動車メーカーが開発に成功して生き残れるのか。最近の話題を拾いつつ、本書ではその真相に迫りました。なぜ次世代車開発なのか。世界の自動車メーカーが大きく舵を切った直近の背景には、米国に端を発する金融危機があります。これによって、世界の自動車メーカーが売上を半減させ、空前の経営危機に見舞われました。

その結果、経営資源の集中が必要となり、今後に販売増が見込まれ、政府の補助金にもありつける次世代車開発に注力することになったのです。このような経営資源の次世代車への集中を促進しているものとして、オバマ新政権のグリーン・ニューディール政策があります。経営が極めて深刻なGM、クライスラー、フォードの米国ビッグスリーに対して新政権は、支援の条件として次世代車開発を義務付けているのです。世界一の自動車マーケットである米国の変化が、日本、ヨーロッパの自動車メーカーに波及するのは必然でしょう。
わたしは普段からそれほど車を運転しないといこともあって、新車がずっと新車のままのような状態になっています。そんなときに車査定にふと出してみたらかなりの高額だったので驚きました。
中古車の買取専門の会社が近くにあるのですが、そこのお店は車を売るときにだけ来て貰うのではなくて、他の日にも来て欲しいということで、車査定だけでなくて、整備などのサービスもしています。
昔は自家用車を下取りに出すというときには、次の車を買うための資金をつくるためにしていたという人がほとんどだったと思いますが、最近は車 売るのにも生活費のためという人もいます。


一方、電気エネルギーで走る自動車は、クリーン度でも、石油代替性でも、CO2排出量でも、大いに期待できます。ということから、究極の次世代車として燃料電池車とEV口電気自動車が期待されるわけです。直近の次世代車としては、ハイブリッド車、ディーゼルエンジン車、天然ガス自動車、バイオ燃料車が期待されています。

ただし、天然ガス自動車は、天然ガスの供給インフラを整備する必要があることと、航続距離を長くする必要があります。また燃費ももう少し向上させる必要があるでしょう。小型トラックではすでに実用化されていますが、大きく重いボンベを積む必要があるので天然ガス乗用車はなかなか成り立ちにくいのです。また、最近話題のバイオ燃料ですが、100%バイオの自動車は、バイオ燃料の供給量に制限があるために、ブラジルなど一部の国に限られます。

What's New
2013/09/18 オススメ記事を更新しました。
2013/09/14 新着記事を更新しました。
2013/09/13 自動車生き残りの課題を更新しました。
2013/09/10 電気自動車開発動向を更新しました。
2013/09/08 ハイブリッド車の現在を更新しました。
2013/09/06 自動車メーカー救済策を更新しました。
2013/09/05 自動車メーカが生き残れるかどうかはハイブリッドにかかっているを更新しました。
2013/09/02 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
車査定買取ジャパンプラスワンオートかんたん車査定ガイド
全国4万件の車買取業者から最大25社の中から一番高く買い取ってくれる業者に売ることができます。事故車の買取、廃車引取りをしている会社のサイトです。見積り無料、スピード対応。かんたんに中古車の買取、査定ができる車査定ガイド。気軽に自宅で買い取り価格を調べられます。